Night&Day

アクセスカウンタ

zoom RSS 国道20号秋ツーリング

<<   作成日時 : 2009/11/06 00:08   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 6

前回の書き出し記事より、新しいほうのイベントから書いていくことにします。
という訳でつい先日行った、部の恒例行事となった秋ツーリングです。
かなり写真は多めに・・・

まず、朝の出発が非常に早く、6時に学校のガレージに集合となっていました。
この日は大寒波でも来てるのか、朝からもの凄く寒かったです・・・
なので上下とも下はユニクロのヒートテックをダブル装備、上には6枚重ねという超重装備です。
ぶっちゃけムダでしたが

がっちり着込んで、バッテリーも接続していざ出発・・・のつもりでしたが、寒いから?セル何十発も回しても
かかってくれません。ヤベエ 結局30回目あたりでやっと掛かってくれました。
しかし走ってるとメーターのライトがチカチカちらついて、おまけにウインカーが超高速!!
あからさまに電気系がヤバいです。バッテリー終わった?かと思いましたが、給油に寄ったスタンドで
コネクターを見てみたら、やはりというか、焦ってドライバー握ったせいでプラス端子のネジがガタガタでした。
ちゃんと締め直したら快調そのもの!

急ぎまくって40分、道が空いていれば30分とはいえやはりブッ飛ばして、ついでにガスも入れて
間に合わせました。

今回は現役生5、OBの方が途中合流で一人という編成です。

まずは部長のスズキ・グース350。
画像


次は前体協役員の先輩のビモータYB7。ヤマハの400ccエンジンをイタリア製のフレームに載せた
非常に珍しいバイクです。
画像


今年入った新入生のカワサキZRX400。この部に入って以来、カワサキ製のバイクは
去年乗ったKX85以来初めてです。初期型独特の柔らかめの造形が元ネタのZ1000S1に似ていて良いですね。
画像


メットを下さったり、SRXの納車や車検のお手伝いなどを毎回して頂いてる先輩の
スズキDR−Z400SMです。最強峠ウェポン!!
画像


そして自分のSRX。
画像


さて出発です。今回は国道20号(甲州街道)をずっと使うというのが目的なので、よく行く宮ヶ瀬を経由して
412号線で相模湖まで行って、そこからずっとR20です。
画像


出だしは今回、皆さんゆっくり・・・まあ、何しろこの寒さですし、タイヤもロクに暖まってないですからね。
いつも行く峠道を登りきって、宮ヶ瀬のダム湖まで出ましたが寒いにしてもちょっとこれは異常と思って、
途中に設置されてる温度計を見たら3℃を記録してました・・・もう少し進んだら
1℃に。走ってると恐らくマイナス3℃くらい落ちると思うので
事実上マイナス気温の中を走ってました(;;
手と足と、ついでに顔面の皮膚全体が再びカリフォルニアへGO・・・

412号線と合流する所のコンビニでOBの方と合流です。今年3月の追い出しツーリングで卒業されていった方
ですが、もうこうしてツーリングとは・・・いや、たまにガレージ来てましたけどね(;^^
この方はホンダのSS、CBR1000RRに乗ってます(写真撮る余裕無かったです

それにしてもこの寒さ、日は出てきているとはいえあまりに酷い場合は、当初予定されていた韮崎より
もっと前で、適当に引き返す案すら出ていたほどでした。実際、甲府市内に入るまで、普通に走るだけでも
非常に辛く、冷えてしょうがないので途中寄ったコンビニで計6枚カイロを買い込み
怪奇!カイロアーマー迷彩男と化してました。

甲府に抜けるには笹子トンネルを使いますが、ここは外とは違い適度に暖かい別世界でした。
尤も、それの正体は中で残留してる排ガスなんですが(笑

笹子を抜けて、一気に甲府市内まで入ると流石に車も多くなりましたが、それでも道は片側二車線になり
非常に快適に走れます。目的地である韮崎まで、9時半過ぎという時間で残り17kmという地点まで
来ましたが、ここでYB7に乗った先輩の姿が全く見えなくなったという事で、もう一度コンビニに立ち寄ります。
空もいい具合に快晴です。
画像


YB7の先輩が追いついたら、目的地である、韮崎の神社まで一気に進みます。
正味3〜40分程ですぐ近くまで来ました。ここで少し道に迷うのですが
画像

まあ、これはこれでいいんじゃないですか?とても綺麗に富士山が見渡せます。
こんなに大きい姿を、遠くから見たのは初めてです。

そしてフォッサマグナ特有の地形も
画像

すり鉢状というか、川に併せて扇形に広がる地形は圧巻です。
どこもせせこましい場所は無く、とても開けた、見晴らしの素晴らしい所です。
ここまで向かう途中、コーナー外がでっかい崖になっている場所が数箇所ありましたが、
神奈川ではとても考えられません。

そして今回の一応の目的地、武田八幡神社に着きました。
画像

ツーリングマップルには載っていましたが、実際見るととてもこじんまりとした神社でした。
祝日である筈ですが、人っ子一人居なく境内はとてもひっそりしています。

ですが、空気が気持ちいいというか、神社特有の空気がとてもすがすがしいです。
他の方もやはり同じ事を実感しているのか、皆さんあまり多くは喋りませんね。

画像

とても太く立派な木です。楠の木?それともケヤキ??幅だけでも人3人以上はありました。

池の水は無くとも、この神社は最初からそれが普通のような、そんな雰囲気です。
画像


もうひとつあったお社の裏手にありました。こっちがご神木でしょうか。とても長く、高く、立派です。
画像


過去2回行ったMCCのツーリングを思い起こすと、片方は日帰り、片方は泊りがけという差はあるにしても
うどんを食いにいったり、宿で盛大に飲み会という形態だったので、このようなツーリングは初めてです。
う〜ん文化の日スペシャルという所でしょうか(笑

目的であった神社も一通り見終わり、時間を見てみればまだ10時半過ぎ、今からだと仮に帰ったら
昼飯の時間を考えても3時ごろには厚木に着いてしまいます。とはいえ距離を伸ばしたがる方もいますし、
だとしても必ず目的地は必須、という事で、DR−Z乗りの先輩の提案で、さらに進んだ白州というところに
サントリーのウイスキー蒸留所があるからそこへ行こうという事になりました。

白州までは気温もいい具合になり、さらに道もよく、一般車のペースも6〜70kmと速いため
非常に気持ちよく走れました。畑の中を貫く国道をダダダダッとシングル特有の排気音で突っ走ります。
この日に備えてオイルも交換して、ついてにチェーン周りも全とっかえ、クラッチワイヤーも軽くしたSRXは
まさに絶好調です。

そうそう、尊敬しているイラストレーター、BOWさんの本に、甲府の鉱泉宿に
突発ツーリングで泊まりに行ったという事が書いてあったのですが、白洲に向かう途中に、
まさに本に書いてあった鉱泉宿の看板が立っていました!!今日読み返してみると確かに
今回行った経路とほぼ合致しました。

サントリーの蒸留所は、でっかい蒸留器が並んでいたのですぐに見つかりました。
すぐ近くにはウイスキーを詰める樽の工場もあったり、他の企業の工場なんかもあったりで、
やはりこの近辺は水が綺麗だったり、いい木材が採れるからという条件が揃っているのでしょうね。

画像

駐車場に止めたら、早速入り口のすぐ横にある観光窓口に向かいます。
実際に現在もウイスキーや、その他製品を作っていますし、便宜上は工場という扱いになるので
見学コースで料金を取られるかと思いきや、無料で拍子抜けしました(出費しなくて良かった・・・とホッww
敷地内は自然公園のように森の中で、いろんな植物もあって工場とは信じられないレベルです。

時間はちょうどお昼時だったので、中にあるレストランで食事と相成りました。
画像

普段のMCCツーリングの食事では考えられないオサレさ・・・自分はゴテゴテに着込んでたので
店内は暑かったです(笑  メニューは最初見たときは割高?と思いましたが、伊達にサントリーの直営じゃないと
いうか、しっかり作ってあって美味しかったです。
頼んだのは”秋野菜カレー 無花果と10年物ウイスキー風味”(一番安かった
カレーの辛さは普通でしたが、上に乗ってるローストハムがマジで良かったです。
そういえばサントリーはハムだのソーセージだのも造ってましたね。


昼食が終わったら、とりあえず施設見学です。基本的にツアー形式だったので、一番近い時間で予定していた
天然水のボトル詰めとウイスキー樽貯蔵庫の見学コースに行きました。
そちらは写真が撮れなかったので、敷地内のウイスキー博物館をば
画像

サントリー創世期のウイスキー造りの現場らしいです。職人さんが釜の中に突っ込んでるのは
ウイスキーの香りの元になるスモークブロック。

画像

博物館の外観。非常にハイカラな雰囲気です。

画像

葉っぱもそろそろ冬近くということもあり、たくさん色づいてました。

まずは天然水のボトル詰めの過程を見学です。見たのは極一部ですが、なかなか面白い話も聞けました。
サントリーの製品にはお馴染み「天然水」ですが、何ても地域ごとに別々の汲み上げ所があり、それぞれで
味も違うのだとか。関東〜首都圏内はここ白州、西日本は島根、九州は阿蘇だそうです。

お次は、むしろこっちが楽しみだったというべきなのでしょうか、ウイスキーの貯蔵庫の見学です。
飲むのはからっきし駄目ですが匂い嗅ぐのと見るのは好きなので(笑

中に入ると、早速ウイスキー特有の匂いがします。といっても匂いだけで酔っちゃうような強烈なやつではなく
ウイスキーの樽の部材であるオークやミズノキの木の香りや、いい具合に発酵した気持ちのいい匂いです。
リラクゼーション効果もあると言われて納得。匂い嗅いでたら眠気もすす〜っと晴れました。
今度飲むんじゃなくて匂い嗅ぐ用に一本買っちゃおうか考えたほどです(笑

ずら〜っと並んだウイスキー樽の眺めは圧巻です。施設は完全にオートメーションで管理されているようで、
上の列に行くほど、年数の古いものが並んでいました。
個人で樽一本買ってっちゃう富豪も結構来るのか、貯蔵庫の中にVIPルームもありました。
年数にもよりますが大体150〜400万で買えるみたいです。

年数が経って熟成されたウイスキーほど良いかというと、そこまで単純な話ではないようですが
ただ年代物の値段が上がる理由に、年月が経つうちに樽の中で成分がどんどん凝縮されて
30年物からそれ以上の物になると半分かそれ以下になってしまうのです。
ウイスキーの本場スコットランドではこの残ったウイスキーを「天使の分け前」と呼ぶようです。
モンスター伝承が残っていたり、ファンタジーの生まれるお国柄だからというか、いかにも「らしい」ですね。

ツアーが終わると試飲のサービスがありました。驚くべきはなんとグラスでおかわり可能、それで無料なのです。
しかもウイスキーの場合、「白州」の12年物を水割り/ハイボール(希望であればストレートも可)という
バリエーション。おかわりの場合は「山崎」のこれまた12年物がこれまたタダで飲めるのです。
しかもつまみも付いて。

レストランで昼から真っ赤になってるオッサン連中がいましたが、となると相当飲んだのでしょうね・・・

・・・自分はそもそも飲めませんし、しかも今回は全員バイクなのでなっちゃんオレンジとお茶で我慢でしたがww

見学と試飲も一通り終わり、さあ厚木に帰ります。
帰りは予想通りというか、途中2回集まって休憩とはいえキャノンボール方式で全員スッ飛ばします。
公道なのであまり無茶は出来ませんけどね・・・
甲府市内に入っちゃうとクルマも多くなり、正直しんどかったです。
笹子トンネルを抜けて、やっとワインティングだ!と思えば前にトレーラートラックはいますし。
とはいえ、どうにかこうにか先輩方に遅れずには付いていけました。
(ただ、自分途中でかなり危なかったみたいです

帰りは気温が落ちる前にガレージに付きたかったのですが、やっぱりどんどん寒くなります・・・
宮ヶ瀬近くで山火事?があったり、クルマが見事下り坂のコーナーでササってたりで規制かかって
それでロスしたというのもあったのですが。
カタカタ震えながら到着しました。

今回のツーリングは去年の秋ツーリングとは異なり、大きなトラブルも無く無事終了することが出来ました。
寒いのは去年と同様でしたが、何より今回は自分も含め全員バイクということもあり、非常にスピーディーに、
かつ文化の日スペシャルという感じで非常に楽しく走れました。
参考までに、今回走行した距離は家から往復して322km/でした。

先輩・後輩諸氏に、改めて楽しいツーリングにしてもらった事を感謝致します。
もちろんクルマでも今回書いた場所へは行けますが、バイクでしか出来ない体験や楽しさが必ずあると思います。
画像

それでは!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ウイスキー 訳ありのおすすめランキング訳あり家電お買いもの
ウイスキー 訳ありのおすすめランキング(2010/02/26 0:41:42現在)ウイスキーをお得に購入できる訳ありウイスキーのランキングです。 訳ありウイスキー倉庫 には、格安ウイスキーの情報がいっぱいです。 お時間のあるときにきてくださいね〜 それなりに高級なお酒を飲みたいじゃあないですか? でも、予算の許す限り、できるだけ品質の良いウイスキーと... ...続きを見る
ラクラク楽天通販 ビール☆ワイン☆洋酒の...
2010/02/26 00:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
天気は良かったけれど寒かったですね〜
富士山は雪かぶってるし、紅葉もはじまってる・・・そしてサントリー見学って!その遠足みたいな行程が好きです(笑)
自分もお酒飲めない人間なんで、匂いも苦手に感じることが多いんだけど”匂いかぐ用に買ってもいい”って思えるウイスキーなら匂ってみたい!w

あ、銚子レポ希望に一票♪
シュウ
2009/11/06 01:07
お疲れ様でした。ウィスキー飲み放題ですか!!ちょっと興味ありますw
酒屋で仕事をしていた僕としては羨ましいです。あんまり飲めないんですが一口飲んだ時の味は意外と興味深々です。山崎も750mlで6000円ぐらいしますからねー。樽は会社の社長が購入したりファンの方々が合同購入したりする事も多いとか。。。僕も一本貰いました。オーナーズカースクって書いてありました。
じゅん
2009/11/06 12:49
シュウさん>
この日から急に寒くなりましたから…本音やはり10月中が良かったです。
遠足ですかっ…いや、まあノリとして近いものはあったと思います(笑
今考えると、市販のウイスキーじゃモロにアルコールのにおいもするんで
酔ってしまうかも…です。
銚子レポ、掲載いたしますね〜
管理人
2009/11/06 22:25
じゅんさん>
いつもじゅんさんがやってるようなツーリングとは大分趣が違いますが、
まあこれくらいの人数で走ってるとそれはそれで気持ちのいいもんです。
そういえば以前してましたね〜。というかやはり、「山崎」高いですね!!
試飲とはいえ、そうそう飲めるもんじゃないから、やっぱりサントリーは
太っ腹ですねぇ。そんだけの物だとなかなか飲めませんね(笑
管理人
2009/11/06 22:27
ハンドルネーム変えようかとと思いますが、どうでしょうか?

ツーリング羨ましいですw
うちの大学にはバイク部がないのですがmixi上には存在するみたいなので入ってみました。
まだツーリングは実施されてないのですが^^;

ソロツーは楽しいですけどマスツーも経験したいですね。
「うにくろ」改め「97.」
2009/11/12 01:45
97.さん>
いいんじゃーないですか?もう自分は変えれなくなってるんで今の内にww

ウチの部もそうツーリング企画は多く無いですけどね〜
そして爽やかなどという言葉とは無縁です。ひたすらぶっ飛ばし続ける修行の
ような・・・  ソロツーも12月にする予定です。
管理人
2009/11/13 01:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
国道20号秋ツーリング Night&Day/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる