Night&Day

アクセスカウンタ

zoom RSS Tour's In NorthLand 2日目

<<   作成日時 : 2010/09/03 23:33  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

1日目は散々な天気でしたが、2日目の朝は起きると見事な晴天!!
親戚の家のオリジナル「食べる青汁(砕いた小松菜に、同じく砕いたバナナやパイナップルを混ぜる)」と、持ってる畑で取れたトマトをのせたピザトースト食って、一週間後くらいにまた来ますと
告げておいてから出発です。

この日の午前中はカラッと晴れてて湿気もそんなになく、実に走りやすかったです。
それに加えて前日実感した道の広さが、札幌郊外の開けた場所に出るとより一層強まって
「北海道走ってるんだなー」でした。っていうか蒸し暑くも無いし、もう気持ちよすぎ!!
それに、すれ違うライダーさん達が「(・∀・)v」ピース返してくれるのが!

今日走るんだったら富良野か美瑛あたりまでかなーと思いながら、岩見沢を超えたら
ここで少し寄り道です。北海道には幼少期(2歳)に一度来てますが殆ど記憶はありません。
ですが幼稚園の頃からずっと行きたかった場所が・・・

ハイ、「三笠鉄道村」です。
いや鉄ファン歴長いのに加えて関東じゃなかなかこういう施設って無いじゃないですか・・・
だもんで、多分17年間位ずっと存在が引っ掛かってたのでww

三笠まではぶっちゃけ結構な田舎道でしたが、丁度看板も見つけて
あと2km弱かな〜なんて思いながら信号待ちで横の看板を見ると
「三笠トロッコ鉄道」・・・へ?そんなん出来てるの!?

ボロいGSを再利用したみたいな受付に行くと、昔の「幌内線」の廃線2.5km弱を
利用して、エンジンで動く軽トロッコを自分で運転出来るとあります。
コレは乗るしか無いでしょう!! ちなみにここです。http://www.karamatsu-train.co.jp/mikasa/mtr.html

一応、普通免許でなければ運転出来ないのですが、2輪の免許でも乗れるようなやつを
廻してもらってご対面です。おお、なかなか本格的な。

画像


実際走ってみると、流石に元営業路線だっただけあって雰囲気の方は最高に良いです。

画像


何より横を通る道路を走るクルマに乗ってる人の目が「なんだありゃ!?」と驚くのが面白いww

鉄道村に入る直前で線路は一旦封鎖(敷地内だし)されてますが、先には引き込み線がしっかり
残ってます。ここでトロッコはターンテーブルで向きを変えて反対に走ります。

画像


さて鉄道村に行きましょう。
言って少し残念だったのは展示車両の半分くらいが修復塗装中でした。ご存知、北海道の冬で
すぐにボロボロになっちゃうからでしょうね。基本的には博物館の形態をとってますが
ここには実際に動くSLが走ってたりします。

画像

1939年製の産業用C型タンク機関車のS-304号です。室蘭の鐵原コークスで長年働いていました。
記念館の前後700m弱の線路を往復します。この時代の機械はやっぱり良いですねえ・・・
時代遅れの動力ではありますが、蒸気機関は審美的に見てもとても美しいもんです。


とりあえず気に入った車両だけ撮ってきました。
解説・・・めんといんでちょっと今回は省略です。

画像


画像


画像


一通り見終わって記念館の先を見てみると、どうやらまだ線路は延びてるみたいです。
気になったので向かってみましたが流石に北海道の大自然、すぐに草に覆われて何も見えなく
なりました・・・鉄橋は無事だったのですが。
画像


先の探索を諦めて、ようやっと鉄道村を出ると時間も昼過ぎ、腹も減ったので
さっきのトロッコ鉄道の受付の向かいにある「セイコーマート」(北海道オリジナルコンビニ)で
軽い昼食タイムです。ここで見つけたのが北海道限定の飲み物「ソフトカツゲン」
画像


味で言うとヤクルトに近い感じですが少し酸味がマイルドで、飲みやすいんで一発で気に入りました。
しかしここで空模様が怪しくなったかな?と思ったら風呂の栓を抜いた様にドザーーーっと雨が・・・
それにメシ食ってる途中なので店先のゴミ箱の上に食ってるもんとバッグ置いて
40分くらい止むのを祈りました。もうブーツとかびしょびしょですよ・・・

落ち着いたかなー?と様子を伺って、さっさと退散しましたが今度はさっきまで走ってた国道の
場所が分からず、方向感覚だけ頼りに走ってどうにか戻りました。
戻った国道12号はどこまでいってもずーーーっと直線道路!!あとで調べると29km弱にも及ぶ
「日本一の直線道路」でした。ほっとんど気づきませんでしたが・・・(そういう看板も無いしね)

今日は富良野あたりで落ち着こうとは思っていましたが、もう一つ、どうしても寄りたい場所がありました。
それがこちら。

画像

芦別の住友炭坑の遺構です。こちらはホッパーの物ですね。このすぐ側には
ズリ山(廃棄した石炭カスで出来た山)に登れる遊歩道があり、以前は当時のトロッコ等も
ここに展示してあった筈なのですが今はありません。劣化が酷くて廃棄されたのかも。

もう一つは、すぐ近くにあったこちらの立坑巻上機です。

画像

坑道に入るトロッコを立坑のエレベーターを使って下ろしたり、その他物資や人員を
運ぶ為に作られました。こちらはすぐ近くの事務所がまだ住友で管理されてるらしく
外から見るだけになりました。中には当時のトロッコのレールや石炭を回収する為のチップラー、
その他の設備でぎっちりなので気になってしょうがないです・・・

一通り見て廻ったら、芦別の道の駅でこの後の大体の流れを考えます。
先ほど三笠で遭遇した通り雨ですが、どうも雨雲がまたこっちの方に流れてるような空模様に
なってました。という事で目的地は富良野の、ライダーズハウスにする事に決定です。

しばらく走った後に富良野の町中に入りました。7月中であればラベンダーでいっぱいに
なるんでしょうが、とっくに終わっただけにずーっと畑です。走行距離を稼ぎたいのと
近くに温泉がありそうという条件で、止まるのは中富良野のライダーズハウス「ふくだめろん」に
決めました。

画像


ここはメロン農家の方が直売所と同時に経営してるので、宿泊代500円を払ったら
こんなメロンの切り身が出てきました。

画像


丁度同じ位に受付をした、京都から来たW400乗りの方と一緒に食べました。
これがまた甘すぎず熟しすぎずで、とっても美味しいのです!!

それでもって、こちらが部屋になります。

画像


納屋の屋根裏を使った雑魚寝部屋・・・ま、それでも雨に襲われるよりはマシでしょう。
ただ通気性が最悪で、外の方が涼しかったのは流石に辛かったですが。

荷物も一階の納屋に殆ど置かせてもらい、大体落ち着いた所で本日の夕食です。
どこにしよっかなとW乗りの方と検討して、富良野の山の上にある「ひつじの丘」というお店に
ジンギスカンを食べに行く事に。行くまで道は簡単でしたが畑の中を突っ切る農道だけに
虫がわんさかいてメットにビシバシ・・・

いざ店に着いてみると、もうレストランの方のお米が無いとかでしたが、お店の方のご厚意で
特別に頂ける事になりました。頼んだのはちょい高いサフォーク種のお肉(970円)です。

画像


ジンギスカンというと独特の臭いやクセがあって、あれが駄目という人も結構居るのですが
これは臭みも殆ど無くて、とーっても美味しかったです!!それにやっぱ、誰かと食うメシは
美味しいもんです・・・

ふくだめろんに戻ってみると、他の宿泊客の方々も戻ってきていたり、新たに入ってきました。
自転車で100kmを走って来た学生5人組の方や、50ccカブで「日本一周地酒の旅」を
している方、横浜在住のゼファー750乗りの方やエイプハンガーがとんでもないハーレーFXDLの方など
皆さんバイクや旅の方法も様々、色んな方面の話題や情報交換でこの日は盛り上がりました。
他の色んな方と交流が出来るのが、こういうライダーズハウスの良い所ですね。

さてまだまだ続きます・・・

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
一日目から見てきました。フェリーは思いでエマノンを読むといいかもよー、おすすめ。鉄道村は行ってみたいところのひとつです。北海道は蒸気王国だしねー、しかし500円の宿泊料の元が既にメロンで取れてるようねw
naru
2010/09/04 08:04
2日目に入って『旅してる!』感じが盛り上がってきましたねー!
トロッコ面白そうw
しかも自分で運転というところが楽しすぎます^^
えぇっ、この鉄橋は無事って言えるんですかっ!?(笑)緑の橋になってますよww

ライダーズハウスなんてものがあるんですね。
宿泊費安いっ!
それにその場で会った人といろんな話して、雑魚寝して・・・
普通に予約を取って旅館に宿泊では味わえない楽しさですよね。
読んでてすごく楽しかったです♪
つづきもますます楽しみにしてます〜^^
シュウ
2010/09/05 12:08
トロッコ自分で運転できるんですか.
わー,いいないいな(≧▽≦)
続きも楽しみにしています.
ばく
2010/09/05 13:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
Tour's In NorthLand 2日目 Night&Day/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる